勇払郡安平町で戸建て新築のデクラミラノの施工をしました。


37e3808047553cedb34daa9b1d7ab2a3-1-columns2-overlay
いよいよ板金工事が始まりました。
まずは板材の割り付けステの棟の取付です。左右対称になるように上にも変な半端が入らないように。
はじめがやはり肝心です。これを怠ると最後には・・・
どうにもならなくなります。

fccbd6a92ff21d1c42d976f5540078eb-columns2-overlay
斜めの角度も肝心です。
雨漏りする屋根も困りますが、見た目的によくないというのもちょっとということもありますよね。両方を損ねないようにきっちり職人さんが気を使って考えながら施工していきます。
09bbc67ecb3712daf0966a96c43dfd95-1-columns3-overlay
はじめの段取りつけばあとは順調にいいペースで四面の屋根が葺き上がっていきます。
最後の棟の部分がなかなかの難所。
いろいろの部材が重なる場所であり、材料も綺麗に曲げるのが大変な場所です。時間をかけ慎重に施工します。
DSCN0515-1-columns3-overlay
破風と屋根材がしっかりかみあっていなければ風によってあおられ屋根材飛ばされてしまいます。ここもまた大事な場所。
DSCN0523-columns3-overlay
仕上の棟を取りつけていけば完成となります。
DSCN0516-columns3-overlay
鼻先も綺麗におさまりました。ここら変が職人さんの腕のみせどころ。細かい所も最後まできっちりと気を使ってやってくれました。
DSCN0522-columns3-overlay
棟のとりあいの部分も最後のコーキング及びタッチアップも綺麗に仕上がりました。
この材料の特徴は鉄板の上にザラザラしたものがついており、それによって雪が落ちない仕組みになってます。

屋根
雪止めなど余分な物もいらず見た目がさっぱりとしていて軽い材料ですが重みのありそうな重厚感を感じられます。
葺きあがった次の日にご近所の方から大変ご好評いただきうれしかったです。
天気には悩まされましたが無事完了しました。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

DSCN0495

今回の現場は、去年北海道胆振東部地震で被災されたお宅の建て替え工事のお手伝いをさせていただきました。こちらをご紹介致します。屋根形状的には6寸勾配の寄せ棟です。わかりやすく言うとピラミッドみたいな形(四角すい)ですね。私の中では見栄え的には...........