オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

札幌南区で水道凍結により配管破裂の現場の修理を行いました。


トイレ横配管
先日雨漏りで行った現場で水道凍結で配管破裂の現場調査をおこなった配管の修理を行いにⅯ邸に伺いました。
北海道は今、設備屋さんが凍結の被害により時間が取れませんでした。いつもなら大至急修理するのですが、M様は急がなくてもいいとのことでしたので、今日工事をすることになりました。
配管破裂
今回は壁から入ってきて、トイレの便座に入る給水管が破裂していました。まず破裂した配管を綺麗に外していきます。
トイレ本体に入る給水管も古くなっていて、トイレに入る給水管もついでに直すことになりました。
トイレ配管
壁の中でなく、外に出ている配管だったので修理が簡単でした。壁の中の給水管が破裂すると壁を剥がして給水管を直さなければいけません、ボードの補修とクロス工事が発生して金額の方もかかってきます。内壁には断熱材が入っていない場合があるので気を付けた方がいいです。
給水管
配管がきれいに外されました。トイレ本体に接続されている給水管も新しく接続をして本管との配管を接続すれば終了です。
トイレ本体が1体型トイレで、このタイプは節水型ではなく古いタイプの1体型でした。ウオシュレットが付いていなくヒーターも付いていないので水の落としを忘れると同じように配管破裂する恐れがあります。トイレ本体にヒーターが付いているタイプもありますので、この様な現場でお困りのお客様はトイレ本体を変えることをお勧めします。
配管
この様に本管との接続をします。接続はシールテープを巻いて接続するのですが、きちっと回さないと外れてくることがあります。トイレ本体の方も蛇腹のフレキ管で綺麗に固定します。
トイレ配管
配管についているつまみはトイレ本体の給水管の水を溶けたりするためのつまみです。水を落としてこのバルブを閉めたままにすると、配管の中の水が完全に抜けないので配管に残った水が凍結して配管の破裂になることがあります。
北海道の朝晩は凍れることがありますので、水落のやり方をきちっと学ぶべきです。結構知らない人がいます。水抜きをしたのに水道凍結して配管破裂しましたというお客様がまれにいます。きちっとした手順で水落してください。

同じ地域の施工事例

施工事例

漏水による被害があった札幌市南区M様宅の内装修繕工事を実施しました。

漏水被害カビ
内装修繕工事完了
工事内容
屋根補修工事
雨漏り修理
防水工事
その他の工事
使用素材
断熱材 石膏ボード 壁紙
築年数
40年
建坪
保証
1年
工事費用
450000円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

床養生

今回は2階の吹き抜けの工事で天井高が3m以上あって足場が必要な工事で内部にも足場を設置して工事をやります。足場は鉄物で床に傷が付かない様に2層で養生をします。

三角屋根

北広島市で家屋に雨水が浸入しているので見てほしいとのご依頼があり、現場に行って調査をしました。

天井開口

先日開口して下地材が濡れていました。2~3日下地材を乾かして雨漏りが止まったのを確認して天井を塞ぎます。今回は下地材が濡れているだけで、腐食していた訳ではなかったので乾かして施工をします。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら札幌南店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-915-829