オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

北海道の煙突の必要性や機能種類などを紹介していきます


煙突
皆さんは、北海道や雪の降る街には煙突が多いのをしっていますか?
なんで雪の降る街には、煙突が多いのでしょう?
煙突というものを知っていても詳しい人はそこまでいないのではないでしょうか?
今回は、煙突の必要性や危険性メンテナンス時期など詳しく紹介していきたいと思います。
煙突
煙突はなんで必要なのか?薪ストーブなど、煙を多く発生させる薪ストーブは、煙突は絶対に必要だと思います。それは、誰でもわかることだと思います。ですが北海道などの地域はほとんどの家に煙突がついているのです。間違えなく薪ストーブをみんなが持っているわけではありません。煙突とはただ単に煙を、外に出すためだけの道具ではないのです。北海道のなどの煙突の役割はほどんどの過程にはエアコンではなく石油ストーブがついているのです。しかも小さい簡易的な石油ストーブではなく大きな石油ストーブがついており、そのストーブの出す人間の体にはよくない有害物質を外に出すために煙突を設置しています。煙突が壊れてしまうとその有害物質が家の中に入ってきてしまい最悪の場合死んでしまうこともあります。

煙突
煙突のメンテナンスは、普通の石油ストーブを使っている方は、5~7年に1回はメンテナンスをして、煙突の中が詰まってないか煙突にひびなどないかなどを確認しましょう。
煙突
 これは、煙突を屋根の上に上って近くで撮った写真です。私の会社で、この煙突の工事をした時の写真です。詳しく見たいしりたい方は、このホームページの施工事例の方から見ていってください。この時は煙突が原因の可能性のある雨漏りが発生してそれを直しに行きました。
煙突や屋根の修理メンテナンスなどは、街の屋根やさん札幌南店までお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら札幌南店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-915-829