オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

トタン屋根やガルバニウム銅板の屋根の点検の仕方やメンテナンスの時期


屋根
 屋根の点検の仕方やメンテナンス時期について今回は、説明していきたいと思います。
屋根は、前の記事でも書いた通り屋根は家にとってとても大事な役割をしており、そして常に外気にさらされており、風化や劣化などがどおしても起きてしまいます。なので定期的な点検メンテナンスをしていくことが、家の寿命を延ばすために必要なことなのかもしれません。
今回は、北海道に多いトタン屋根とガルバニウム銅板の屋根材の点検メンテナンス時期を紹介していきたいと思います。

屋根
 屋根は、台風などではがれたりします、そうなった場合は、近くの屋根やさんなどに相談して、修理をすることがいいと思います。そのほかは、屋根によってメンテナンス時期などが大きく変わってしまいます。
トタン屋根は、北海道の方たちがよく見る屋根材だと思います。その屋根は、どのくらいの期間でメンテナンスをする必要性があるのか知る必要があります。

トタン屋根

屋根
 トタン屋根は、北海道の家には多く使われている屋根材です。
トタン屋根は、メンテナンスなどをしなければ風化が原因で、塗装がはがれザビができてしまったり、その錆が原因で穴が開いて屋根としての機能がなくなってしまうことがあります。
なのでトタン屋根は、10年~20年の間で屋根の張替や修理または、塗装の塗り直しなどをした方が、屋根の寿命が長くなります。なのでナンスが必要な分トタン屋根の価格は、あまり高価ではありません。

ガルバニウム銅板

屋根
 この写真のやねは、瓦などで作られたような感じがしますが、この屋根は、ガルバニウム銅板という屋根材にい砂をつけて凸凹な状態にしています。なぜそんな屋根があるのかというと北海道は雪が降ります。その雪を屋根からを落とさないように凸凹になっています。この屋根材ですか砂をつけたと書きましたが、その砂が落ちることはあまりなく基本的には、メンテナンスが必要じゃなくなっていますが、やはりメンテナンスがない分トタン屋根よりも値段が高くなっていしまいます。
 最後に屋根のメンテナンス修理や屋根の張替など、屋根に対する質問やお問い合わせは、街の屋根やさん札幌南店までお問い合わせください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら札幌南店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-915-829