オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

天井点検口は建物の維持管理に必要な設備


IMG_6064-columns1
皆さんが普段、目にされている天井の裏側が即、屋根ではないことはご存知と思います。今回は、天井裏がどうなっているのかと天井点検口について、書いてみようと思います。皆さんのご自宅の天井裏には何があるのか、どうなっているのか、ご自身の目で見てみたくないですか?そんな時に必要な設備が、天井点検口です。皆さんのご自宅にも箇所・場所によっては、取り付けられていることと思います。
IMG_2515
一般住宅においては、天井裏は通常、人目に触れる場所ではないので、コスト削減の目的から塗装やクロスを貼るなどの化粧をされておらず、建材むき出しの殺風景なスペースとなっている場合がほとんどです。まれに、綺麗に化粧を施こされ、屋根裏部屋として使用されている方もおられると思いますが、一般的にはこの天井裏スペースを利用して、ライフラインである電力ケーブルや電話・インターネットなどの通信ケーブルが敷設されています。
天井裏配管
また、公共施設や商業施設においては、十分な天井高を確保・利用し、電力ケーブル・通信ケーブルなどのほかに、空調設備や給排水の設備なども敷設・設置される重要なスペースとなっています。
IMG_6063-columns1
天井裏のスペースには、現代生活において我々が日々生活していくうえで、極めて重要な設備が設置・敷設されています。これら多岐にわたる重要な設備は時に調子悪くなることや壊れてしまうこともあります。調査点検・修繕が必要となった場合、点検口は調査員や作業員が天井裏で作業する際の出入口としての役割も担っています。以上の観点から、点検口は建物やライフラインの維持管理・調査点検するために重要な設備であるといえます。天井点検口が要所要所にあれば、経年劣化による漏水事故の早期発見や防止、建物全体の傷み具合を定期的に調査点検・補修することができます。天井点検口は、工事にてあとから必要に応じて取り付けることが可能ですので、点検口を取り付けたい場合は、街の屋根やさん札幌南店までお気軽にお電話ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら札幌南店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-915-829