オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

札幌市西区で倉庫の屋根の腐食などで相談を受けて現場調査に行きました。


出入り口の屋根
札幌市西区で倉庫の屋根に機械でぶつけたらしく、屋根の診断を頼まれました。
屋根と鉄骨に止めているビスのあたりがへこんでいて、すぐには剥がれる感じでないので大丈夫だと思いますが、、この手の下から風の突き抜けた場合保証はできませんとお客様に説明しました。
折板屋根
鉄骨に屋根の折板を止めているビスの周りがへこんでいます。ビスが曲がったり脱落している感じではないので緊急な感じではありませんでしたが折板を固定している金物が曲がっていて折板が押されてこの様な状態いになったみたいです。
倉庫屋根
倉庫の中から鉄骨が付きだして庇のような状態になってます。北海道では雪対策のためこの様な庇が取り付けられていることが多くシャターの前に雪が落ちないようにしています。また雨の日など日中はシャターは明けたままなので、中に入っている材料が濡れないようにしています。
庇
この突き出た鉄骨の錆止めの塗装が剥がれて錆が出てきてます。塗装が剥がれると錆びてきて腐食してきます。
腐食が進むと折板の金物などが腐食して折板が風の強い日など折板の屋根が飛ばされる被害が起こることがあります。
けが人や近所の家屋などに多大な迷惑をかけるのは避けたいです。
倉庫 庇
また内部から突き出ている鉄骨は腐食して取り換える事は内部の方にも手をかけなければいけません。作業自体や予算がかかってしまいます。腐食しないようなメンテナンスは大事だと思います。
今回の調査をお客様に説明しました。
お客様も理解して折板を1階外して塗装の塗直しをして、新規屋根の吹き替えを依頼されました。
今後の作業工程
1、折板屋根を解体します。
2、折板屋根を固定している金物を解体します。
3、突き出た鉄骨の錆をけれんやブラシで擦って錆を取ります。
4、塗装工事に入ります。まず錆止めの下地処理をします。
5、仕上げ塗装は2回から3回塗です。
6、鉄骨に折板を固定する金物を付けます。
7、固定金物に折板屋根を取り付けていきます。
8、取り合い部分をコーキング処理をします。
この様な流れで施工をすることをお客様に説明をして今日の現場調査を終わりにしました。
後日業者の発注をして工程表をお客様に説明に行きました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

札幌豊平区で雪止めと美観を兼ねそろえたコロナルーフ張替工事

防水シート
完成
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
約30年
建坪
36坪
保証
品質保証30年 施工保障5年
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

床養生

今回は2階の吹き抜けの工事で天井高が3m以上あって足場が必要な工事で内部にも足場を設置して工事をやります。足場は鉄物で床に傷が付かない様に2層で養生をします。

折板

今回は鉄骨の塗装と折板の張替えの工事を実施しました。工事は無事に終了をして今日は点検をしてお客様に引き渡しをします。

IMG_0507

今回は北区にて無落雪屋根の工事をしました。最近は天候にも恵まれ、工事も順調に進められ非常に助かっています。なんせ板金工事はほぼ100%と言っても過言ではないほど外仕事。雨はもちろん風、雪などにも非常に影響されます。無風状態で雨が全く降らない...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら札幌南店にお問合せ下さい!
9時~17時まで受付中!!
0120-915-829